« ひだまり | トップページ

少年の死

4月15日(日) 晴

従姉が13歳の息子を失った
何の前触れもない別れ

私はその少年に会ったことはなく
自分自身の失った悲しみはない
にもかかわらず、いや、だからこそ
少年の母の悲しみがそのまま伝わってきて
打ちのめされる思いがする

少年の大切な持ち物たちは
その名を突然に「遺品」に変えてしまった

 卓球のラケット
 お気に入りの玩具
 愛読書の数々 そして
 次の週末に封切られる
 映画の前売り券

焼香に並んだクラスメートたちの
あどけない表情とぎこちないしぐさ

やはり神は存在するのだ

私が時折その存在を感じる
賑やかな八百万の神たちではなく
唯一絶対の神というものが

だって

育ち盛りの息子を親から奪い去るという暴挙が
誰からもとがめを受けることなく許されるなんて
そうとでも考えなければ
納得いくわけがないではないか

|

« ひだまり | トップページ