« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

チャドクガ

8月26日(土) 晴のち雨

チャドクガ

安っぽい正義感が
停止した思考が
クローンのようなエントリが
ウェブ上をヒステリックに増殖する

わらわらとどこからか涌いてきて
誰に命じられたわけでもないのに
右向け右の号令で
良識とか熟慮とか言論の自由とか
そういったものたちを
食い尽くして炎上させていく

戦争を起こすなんて きっと
いともたやすいことなのだ

Euproctis pseudoconspersa ドクガ科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタンヅル

8月24日(木) 晴ときどき曇

ボタンヅル

斜面の植え込みを駆け上がる
きつい日差しをはねかえすような
涼やかな笑顔

そこにいることに今年初めて気づいたのに
来年はもう会えないかもしれないのだね

なぜって
君のいる場所のすぐ横に
大きなマンションが建つことになったから

Clematis apiifolia キンポウゲ科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思草(ナンバンギセル)

8月22日(火) 晴ときどき曇

ナンバンギセル

ススキの根元で
ひっそりと
何を想うの

Aeginetia indica ハマウツボ科

(道の辺の尾花が下の思ひ草今更々に何か思はむ
                   万葉集巻第10・2270)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の女神

8月21日(月) 曇ときどき晴

オオミズアオ

月の女神を見た

衣擦れの音をさせながら
ふわりふわりと飛ぶ

翅はぼろぼろで
壁につかまるのもやっとの
ずいぶんとくたびれた女神様だったけれど
宵闇のなかを舞うその姿は美しかった

本当に美しいと思った

お疲れさま

Actias artemis aliena ヤママユガ科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスウリ

8月20日(日) 曇ときどき晴

カラスウリ雄花

酷暑とはいっても
夕方には涼しい風が吹く

日暮れてひっそりと開くカラスウリの花たち

世に言われる艶やかさとか妖しさとか
そういったものとは無縁の清楚な白が
木綿のガーゼのやわらかさで
私を魅了する

数日前に役割を終えた雌花のつけ根が
ぷっくり豊かな丸みを帯びているのは
誰が見ていなくても
受粉を媒介する客人が訪れている証拠

わずか数時間の間に
それぞれの生をまっとうしているのだ

Trichosanthes cucumeroides ウリ科
雌雄異株(写真は雄花)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解放

8月1日(火) 雨のち晴

山の涼風を感じながら
畳に寝ころび本を読む

すきまから迷い込んだ脚の長いハチが
天井で焦燥の羽音をたてている
ふたたび窓を開け放ち声をかけると
ハチは
導かれるかのように外へ出て行った

ひと雨きそうな風の匂いを
深く吸い込む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »